製品紹介

製品紹介 / PRODUCT

aebis

絶対に失敗しない「お客様それぞれに最適なカタチの情報活用」を実現

ノウハウを活かした"ソフトウェア + 支援サービス"の総合パッケージソリューションaebis(エビス)が、お客様の"理想のデータ活用"を実現します。


情報系システムの導入が失敗するパターンで最も多い理由は導入したけれどもうまく活用されないというケースであるとメディアフォースは考えます。その要因は、操作の難しいインターフェース、データ鮮度の低さ、パフォーマンスの劣化など、様々です。


お客様が"本当にやりたいデータ活用"の実現には、フロントとなるBIツールだけではなく、バックエンドのシステム構築までをトータルに考慮することが重要です。"データ"を「つなぐ」 「ためる」 「ととのえる」 「いかす」の視点で捉え、"価値ある情報"へと変えていきます。


お客様の環境に足りないところ、何をプラスすることで本当にやりたいことを実現できるのかといった課題を一緒に見つけ出し、最適な「組み合わせ」をご提案する総合パッケージソリューションです。


aebisによって、お客様は"理想のデータ活用"の実現が可能になります。

理想のデータ活用を実現

データ活用基盤を検討する3つのポイント

    理想のデータ活用を実現
  • 「つなぐ」「ためる」「ととのえる」「いかす」の視点でデータ活用を捉える

    "データ"をビジネスに"価値のある情報"へ昇華させるために、社内外に散在するデータを、どのように連携させ、どのように蓄積・管理し、どのようにビジネスに活かすか。フロントとなるBIツールだけではなく、データ統合を担うバックエンドシステムまでを考慮することがデータ活用基盤の秘訣です。

  • お客様の目的・課題に適するソフトウェアを「適材適所」に組み合わせる

    aebisは、多機能に統合されたBIスイート・ソフトウェアではありません。様々なパッケージを扱ってきたノウハウを結集。「つなぐ」「ためる」「ととのえる」「いかす」を基本に、目的と課題を明確にしたうえで、解決に適する優れたパッケージソフトウェアを適材適所に組み合わせてご提案します。

  • 「お客様のデータ活用に伴走」し続け、データ活用の定着・拡大を実現します。

    お客様の目指すデータ活用の実現に向けて、aebisではデータ活用基盤の「導入」「構築」「運用」から「定着・拡大」まで伴走し続ける、支援サービスをご提供します。

メディアフォースでは、「つなぐ」「ためる」「ととのえる」「いかす」を一気通貫で実現いたします!

"理想のデータ活用"を実現するためのデータ活用基盤構築には「つなぐ」「ためる」「ととのえる」「いかす」の適切な役割分担がポイントです。

メディアフォースでは、それぞれのプロセスのノウハウをベースに一気通貫で実現することでお客様にとって最適なデータ活用基盤を実現いたします。

お申込み・お問い合わせはこちらから

aebis

aebisに関する詳しい情報はこちらから
※メディアフォースは、株式会社アシストのaebis認定開発パートナーです。

https://www.ashisuto.co.jp/product/category/solution/aebis/