サービス・ソリューション

サービス・ソリューション / SERVICE・SOLUTION

ITマネジメントサービス

システムのライフサイクルを繰り返すことにより、継続的なITの最適化を実現し、複雑化・複合化するユーザの情報基盤を支え続けます。

メディアフォースは時代とともに変遷するシステムを近代化・最適化させることにより柔軟性、俊敏性を向上させ、ビジネス環境の変化に強いITを構築する、ITモダナイゼーションに非常に長けています。評価、企画、開発、運用をトータルで実施することにより、継続的なITモダナイゼーションを実現します。

システムのライフサイクルを繰り返すことにより、継続的なITの最適化を実現し、複雑化・複合化するユーザの情報基盤を支え続けます。

アプリケーション分析サービス

ITモダナイゼーションの実施には現行システムを分析し、資産を見える化するステップは欠かせません。長期間の運用によりシステムはブラックボックス化しています。アプリケーション資産が管理されていない、度重なる改修で資産が複雑化、非正規化している等の課題を抱えています。資産分析を行わずにITモダナイゼーションを実施すると移行資産の過不足が発生するなどのデメリットが発生します。

メディアフォースでは資産分析の豊富なノウハウを蓄積しています。アプリケーション資産の稼動非稼動分析、相関分析等を実施し、アプリケーション資産の状況、アプリケーションの複雑さを見える化することにより、ITモダナイゼーションの段階的な実施など、最適なサービスの提案を実施することが可能です。

アプリケーション分析サービス

モダナイゼーションサービス

モダナイゼーションの手法には様々な種類があります。メディアフォースでは豊富なモダナイゼーションの実施により様々なパターンのノウハウを蓄積しています。モダナイゼーション実施時には、OS、ミドルウェアの変更に伴う、文字コードの変更やコマンドの差異など、非互換箇所が発生します。メディアフォースでは、現行資産に対する非互換箇所の調査、影響範囲の特定、コンバージョン設計、コンバージョンプロト検証、コンバージョン実施、比較検証等のプロセスを実施し、確実なシステム移行を実現します。

モダナイゼーションの手法

リホスト:
既存のアプリケーションの動作環境を別のプラットフォーム上で再現するファームウェアの導入により移行コストやシステム変更の手間を最小限に抑える。
リライト:
既存のプログラムコードを環境依存しないオープンな言語に変換することで保守性、利便性を高めるとともに、将来的な移行や拡張に備える。
リアーキテクチャ:
システムすべてを変更する手法。プラットフォーム、OS、アプリケーションといった全てのシステムを刷新することで最新のシステムを構築する。

事例紹介

  • 大手医薬品卸向けシステムマイグレーション(リホスト)
  • 半導体メーカ向けシステムマイグレーション(リライト)
モダナイゼーションサービス

運用・保守

ITモダナイゼーションにより最適化されたシステムを維持するためには、運用・保守における適切なシステム管理が必要です。メディアフォースでは運用監視や障害対応のみではなく、構成管理による正規化された資産の維持、アプリケーション資産の肥大化の防止を行い、最適化されたシステムの維持を図ります。その他、インシデント管理を実施し、インシデントの傾向分析から改善計画の立案、実施、効果測定を行い、継続的なシステム改善に向けた取り組みを実施します。

運用・保守

ページトップへ